(一財) 長崎県交通安全協会のホームページへようこそ

セーフティガイド

■自転車に安全に乗るために必要な条件

自転車に安全に乗るために必要な条件
私たちにとって自転車は、非常に便利な乗り物です。
しかし、どんなに便利な乗り物であっても、それをじょうずに、正しく使わなければ、かえって不便であったり、危険であったり、ときには、たいへんな事故を起こすもとになります。
私たちが、自転車に楽しく乗り、また自転車を生活の中に取り入れていくためには、自転車を正しく運転しなければならないのです。
自動車やオートバイに乗るためには、運転免許という資格が必要であることは、誰でも知っていますが、自転車の場合は、なんら資格も条件も必要でないと考えているのではないでしょうか。
しかし、自動車も自転車も人の運転によることには変わりがありません。
したがって、自転車に乗る場合にも、自動車の運転に定められた資格が要求されるのと同じように、次の条件を守ることが、安全に利用するうえで必要となります。
>> 自転車に安全に乗るために必要な条件 [PDF]


■交通のきまり

交通のきまりは、みんなが道路を安全、円滑に通行するうえで守るべき共通の約束ごととして、決められているものです。
交通のきまりや、信号、標識などの意味をよく理解してお互いに守るようにしましょう。
>> 交通のきまり [PDF]


>> 「エコドライブ」へ
PAGETOP
Copyright © 一般財団法人 長崎県交通安全協会 All Rights Reserved.