(一財) 長崎県交通安全協会のホームページへようこそ

エコドライブ

車から出る二酸化炭素は、地球温暖化の原因の一つです。
私たち一人ひとりが運転の仕方を工夫することによって、二酸化炭素の出る量を減らしましょう。

  • ①無用なアイドリングをしない
    ①無用なアイドリングをしない
    荷物の積み下ろしや人を待つ間など短い時間でもエンジンを切ってアイドリング・ストップを行いましょう。

  • ②経済速度で走る
    一般道路では時速40km、高速道路では時速80km程度の速度を保って走ると最も燃費が良いといわれています。
  • ③定期的にタイヤの空気圧をチェック
    ③定期的にタイヤの空気圧をチェック
    適正な空気圧のタイヤで走りましょう。
    空気圧が不足すると、燃費が悪くなります。

  • ④不要な荷物は降ろす
    荷物が重いほど燃料を消費します。
    特に排気量が少ない車や車両の軽い車ほど燃費への影響が大きくなります。
  • ⑤急発進、急加速をしない
    ⑤急発進、急加速をしない
    なめらかな発進・加速に比べて、燃料が余分に消費されます。

  • ⑥夏場のエアコンは控えめに
    エアコンを使用すると,エンジンの回転数が高くなり、燃料を多く消費します。

QR_Code_安協sp

QR_Code_安協sp

スマホでQRコードを読み取ると九州全域の協賛店情報が閲覧できます。

PAGETOP
Copyright © 一般財団法人 長崎県交通安全協会 All Rights Reserved.